[PR]

 中国・北京で25日に始まった北京モーターショーで、日系メーカーは、高級車ブランドにも力を入れている。中国の富裕層の需要を取り込み、収益増につなげるねらいだ。

 トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、モーターショーに合わせて、中大型セダン「ES」の新型車を世界初公開。熱効率の良い2・5リットルの直列4気筒エンジンを搭載し、高い動力性能と環境性能を両立したという。レクサスは昨年、日本の高級車ブランドとしては最も多い約13万台を中国で売った。「ES」は、日本でも2018年秋ごろに発売する。

 高級車ブランド「インフィニティ」をもつ日産自動車も新型SUV(スポーツ用多目的車)「QX50」を発表した。インフィニティの中国販売は好調で、17年の販売台数は前年比16%増の約4万8千台だった。QX50の価格は約35万元(約600万円)と高額だが、西川広人社長は「中国市場は順調に成長しており、車の価格帯も上がっている。売り上げも上がって、米国市場に近づいている」と期待を込める。

 ホンダは、高級車ブランド「アキュラ」の販売拡大に注力する。ショーでは、SUV「CDX」のハイブリッド車と新型SUV「RDX」を中国市場に投入すると発表。出展ブースの担当者によると、アキュラは「日本の高い技術、品質を象徴しているブランドで顧客満足度が高い」という。ホンダの水野泰秀執行役員は「今後も中国のアキュラ事業を一層強化し、最高のパフォーマンスをお届けしたい」と意気込んだ。

 こうした高級ブランド車は高価格な分、利幅も大きい。北京など中国の都市部の富裕層は、車にステータスを求める傾向が強く、各社はショーで新型車をアピールして販売増につなげるねらいがある。(北京=高橋克典)