[PR]

 もう、10年近くにもなるだろうか。クレジットカードのサインは、シッポを振る犬のいたずら書きで通してきた。ダメだとは、どこでも言われなかった。

 「レジでは、ほとんどは笑って終わりだった」と米アラバマ州モービルに住むダグ・テイラー(44)は話す。営業担当として出張が多く、あちこちでカードの利用控えにこのサインを使った。笑ってもらえなければ、あとは「チラッと見て、そのままだった」。

 クレジットカード会社は、ようやくこうした現実を受け入れようとしている。本人証明をする手段として、サインをすることの意味が薄れてしまったからだ。アメリカン・エキスプレスとディスカバー、マスターカード、VISAの大手4社は、2018年4月からカードの決済にサインをしなくてもよいと決めている。

 サインは、何世紀にもわたって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも