[PR]

 女子高校生に対する強制わいせつの疑いで書類送検されたアイドルグループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)が26日午後、都内で記者会見を開きました。朝の情報番組から夜のバラエティー、音楽活動、被災地支援に至るまで多方面で活躍してきた人気者の突然の不祥事に、番組の放送見合わせなど影響も広がっています。山口メンバーは何を語るのか。会見での発言をタイムラインで追います。

国分さん涙で謝罪「なぜ…本人の口から聞きたい」

 書類送検の報道から一夜明けた26日朝、TBS系の情報番組「ビビット」で司会を務めるTOKIOの国分太一が冒頭で涙ながらに謝罪。「被害に遭われた女性にメンバーとして謝罪させていただきます。山口が起こしてしまったことは、絶対に許される行為ではありません」と述べた。

 黒いスーツに黒いネクタイ姿で一人で登場。「山口を信じ、ずっと追い続けてくれましたファンのみなさん、本当に申し訳ありませんでした。そして、山口を信じ、ずっと一緒に仕事をしてくれたみなさん、悲しい思い、落胆する思い、たくさんの感情をつくってしまい、本当に申し訳ございませんでした」と神妙な面持ちで語った。

 山口メンバーとは現在まで連絡が取れていないとしたうえで、「山口達也がどうしてこういうことをしたのか。まずは本人の口から聞かないと、メンバーだけじゃなく、周りにいるスタッフ、そしてファンのみなさま、いろんな方が納得できないと思うので、彼が話さないといけない」と放送を通じて呼びかけた。(8:00)

ジャニーズ事務所が会見の開催を発表「本人よりお詫びさせたい」

 ジャニーズ事務所が報道各社にファクスを送信。午後2時から都内のホテルで山口メンバーが記者会見を開くと発表。「この度の報道について本人よりお詫(わ)びさせて頂きたく、お知らせ申し上げます」(10:48)

会見場に報道陣100人以上

 会見開始15分前。会場となったホテルの会場には30台以上のテレビカメラと100人以上の報道陣が集まる。(13:45)

生中継開始

 テレビの情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」などが生中継を始める。(14:00)

山口メンバー、ダークスーツで会場に

 山口達也メンバーと顧問弁護士が記者会見場に姿を現した。山口メンバーの姿が見えると、カメラのフラッシュが一斉にたかれた。ダークスーツに白いワイシャツ、黒のネクタイ姿。カメラが向けられる中、約30秒間、深々と頭を下げる。(14:04)

弁護士「本来ならもっと早く、報告すべきだった」

 弁護士が説明を始める。「会社が知ったのはつい最近。本来ならもっと早く、報告すべきだった」と釈明。その上で、検察の処分が出ていないことや、被害者が未成年であることを理由に、詳しい説明はできないとした。(14:05)

 担当弁護士から事件の経緯が説明される。芸能活動の無期限謹慎を発表。山口メンバーは両手を前にそろえ、口を真一文字に結んで終始うつむき、時折眼をしばたかせる。(14:07)

山口メンバー、経緯を説明 「未成年と分かっているのに…」

 山口メンバーは声を震わせながら、経緯の説明を開始。「1カ月入院していたが、よくなったとの医師の判断があり、2月12日に退院することになった。退院もしたし、お酒を飲もうかなという気になって、部屋を片付けをしながらつい飲み過ぎ、酩酊(めいてい)泥酔という感じになり、その中で、被害者の女性に電話をした」「『家にきて話さないか』と言うと、『友人も連れて行っていいか』ということで、(被害者とその友人が)2人で来て、かなり遅かったようですが、警察から聞いたのは20時ぐらい。その時点で、未成年と分かっているのに、親御さんも心配するだろうに……。被害者と友人の話だと、30分から1時間在宅して、私が席を外したときに帰ったということです」(14:10)

被害者両親のコメントに涙

 被害者の家族からのコメントが読み上げられると、山口メンバーの両目から涙が一筋ずつこぼれる。(14:11)

「すみません……」声を震わせ

 経緯を説明する山口メンバーが「ごめんなさい……」と声を震わせる。弁護士は「詳細な事実関係はご容赦ください」と報道陣に注意。山口メンバーは再度「すみません」と言葉少な。(14:17)

 「どんな思いで仕事をしていたか」との質問に、「そういうことがあってから、私はそれも知らずに仕事をしていた。情けない」と目を赤く腫らした。「言葉にならない。本当に申し訳ない」と声を振り絞った。(14:22)

事件はメンバーに伝えず

 山口メンバーは事件について、「(TOKIOの)メンバーにも誰にも伝えていない。会社と自分と被害者の方と話ができればと思って」と説明した。(14:23)

「またTOKIOとして、やっていけたら…」

 TOKIOのメンバーに対する思いを問われ、「メンバーと23年間、同じ方向を向いて走ってきた。ジュニアからだと人生の半分の時間を戦って、助けてここまで来られました。しかし、今回私の身勝手な件で、彼らがどれぐらいつらい思いをしているか、どういう思いで過ごしているか考えると、どうしたらいいかわからないですが、彼らがいて、私がいるので、甘い考えかもしれないが、怒ってくれるのも彼らしかいないので……、私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとして、やっていけたら……」と涙ながらに語る。(14:25)

ファンへ「謝っても謝りきれません」

 ファンへの思いを聞かれると、山口メンバーは5人そろって活動できるのはファンの支えがあってこそ、と強調した。「小さい子から年配の方まで応援してくれるグループになりました」と話したあと、「謝っても謝りきれません」とまた声を震わせた。(14:27)

 報道陣から「隠蔽(いんぺい)するつもりだったのか」と聞かれると、険しい表情でそれを否定した。鼻には玉のような汗が幾粒もついていた。(14:29)

被害者へ「大人の男性が怖かっただろうな」

 被害者への思いを問われると、山口メンバーは「心の傷のひと言では済まされない。『うちに来る?』と言ったときに断れなかっただろうなと、大人の男性が怖かっただろうなと後になって思いました。もしかしたら、一生忘れられない出来事になったのではないかと考えると本当に申し訳ない」と涙で声を詰まらせる。(14:30)

「前向きでないと出来ない仕事」

 今回の事態に至った原因について聞かれ、「自分の甘さが招いたこと」と答えた。重ねて尋ねられると「自分が持っている性格だと思う。前向きに考えてしまうので……。前向きに生きていかないといけない仕事なので」。(14:39)

「家に帰ってから反省する日々」

 山口メンバーは、事件のあった2月から発覚した今月25日まで通常通りテレビなどの出演を続けていた。「本当に視聴者、関係者に申し訳ないなという気持ちで毎日、過ごしてきたが、やはりプロとして仕事をしているので、おかしな行動、発言は視聴者やスタッフ、ファンに失礼にあたるので、反省しながら、仕事はしっかりやると決めてやってまいりました。仕事のときに考えていると集中できないので、家に帰ってから反省する日々でした」(14:42)

国分さんに「感謝の気持ち」

 会見当日の朝、生放送の番組内で謝罪した国分太一さんへの思いについて問われた山口メンバーは「直接話は出来てないが、申し訳なかったというのと、私の代わりに、先に世の中の人に伝えてくれてありがとうと。感謝の気持ちです」と答えた。(14:44)

 会見の最終盤、山口メンバーは「被害者のご家族の言葉に救われました。申し訳ございませんでした」と再度、謝罪の言葉を口にした。(14:49)

 事務所側が打ち切る形で記者会見が終了。(14:50)