[PR]

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下入りしたシャープの業績回復が進んでいる。26日に発表した2018年3月期決算は、純損益が702億円の黒字(前年は248億円の赤字)となった。黒字は4年ぶり。鴻海の販売網の活用やコスト削減が進んだ。

 「まず一歩目は順調に滑り出せた」。26日に東京都で開いた記者会見で、シャープの野村勝明副社長は、胸を張った。

 売上高は前年比18・4%増の2兆4272億円。本業のもうけ(営業利益)は前年比44・3%増の901億円に達した。業績の回復を受けて、1株当たり10円の株主配当を実施する。配当は12年3月期以来6年ぶりとなる。

 スマートフォンやタブレットに使う主力の液晶パネルの販売が好調だった。中国では、鴻海のインターネット販売網を利用するなどした効果もあり、海外のテレビの販売台数は、前年比2倍に伸びたという。

 19年3月期も、海外への販路開拓を進めて、さらなる成長をめざす。売上高は前年比19・1%増の2兆8900億円、営業利益は同22・1%増の1100億円と見込む。(神山純一)