[PR]

 宮城県大崎市は24日夜、放射性汚染廃棄物の試験焼却実施に当たって、施設周辺住民の健康診断の費用や、農作物の風評被害による損失を補償するなどの対応を取る方針を明らかにした。年内実施を目指す上で、住民が抱く不安の解消を図って理解を得たい考えだ。

 焼却施設がある岩出山地域の住民代表との意見交換会で説明した。

 市が示した主な対応案は、施設周辺に住む18歳未満や妊婦の人で健康診断を希望する人の費用を負担▽農作物が風評被害で出荷できないなどの事態が生じた場合、調査・確認のうえ逸失利益分を補償▽空間線量などの測定結果を定期的に報告して住民の意見を聞く「施設周辺地域環境ビジョン検討協議会(仮称)」を設置する――など。

 市が試験焼却の対象とする農林…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら