[PR]

 任天堂は26日、古川俊太郎取締役常務執行役員(46)が6月28日付で社長に昇格する人事を発表した。君島達己社長(68)は相談役につく。昨年3月発売の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」がヒットし、業績が改善したことなどを機に若返りを図る。

 古川氏は早大政治経済卒。1994年に任天堂に入り、現在、経営企画室長などを務めている。ゲームの開発や投入計画の策定に携わった。君島氏は旧三和銀行出身の管理畑で、急死した岩田聡氏の後任として、15年9月に社長に就任した。

こんなニュースも