[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日、北朝鮮の指導者として初めて韓国を訪問しました。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と板門店の軍事境界線上で初対面し、首脳会談や公式行事に臨みます。11年ぶり、3回目となる南北会談の模様をタイムラインで追います。韓国・北朝鮮に詳しい桜井泉記者の解説も。

向かう様子を生中継(8:40)

 韓国のニュース専門テレビ「YTN」は、韓国の文在寅大統領が板門店に向かう模様を生中継している。上空などから車列を撮影し、画面の右上には「平和、新しい始まり」と記されたカウントダウンのデジタル時計が表示されている。文氏が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と初めて会うまでの残り時間を示すものだ。

【解説】保守系団体も南北首脳会談を支持

 韓国ニュースチャンネルが文在寅大統領がソウルから板門店に向かう車列を生中継しています。韓国は今回の南北首脳会談を「最大のイベント」としてとらえています。ヘリコプターも空撮。ソウルから板門店まではわずか50キロあまり。すぐに到着するでしょう。

 音声では北の代表団がどう座るか、推測して解説しています。側近たちが金正恩氏と並ぶのか、後ろに座るか、あるいは軍の高官はどこに座るのか。金正恩氏とどういう関係にあるのか、どんな交渉になるのかを見定める意図があります。

 また、在郷軍人会などの保守系団体も、文在寅大統領を送る行事には参加したと伝えています。ふだん保守系は文氏の言動を批判していますが、今回はそんな人たちも支持をしているということです。

 北朝鮮の労働新聞や朝鮮中央通信が、今回の会談をどう報じているかも解説しています。統治スタイルの違いに注目し、金正恩氏が新年の辞で自ら表に出てきたのは新しいスタイルで、実は祖父の金日成氏に似ていると専門家が指摘しています。父の金正日氏は新年の辞などもやらず、新聞で社説を出すだけでした。

文在寅氏が板門店に到着した。(9:01)

金正恩氏、韓国側に入る(9:30)

 金正恩氏が北朝鮮側の一行とともにゆったりとした足取りで姿を現した。文在寅氏に笑顔で歩み寄り、軍事境界線を挟んで握手。文氏も笑顔。続いて金氏は大股でゆっくりと境界線を一歩踏み越えた。AFP通信によると、文在寅氏は金正恩氏に「会えてうれしいです」と述べた。

 さらに、2人は手を取り合ったまま、北朝鮮側に一歩を踏み入れた。金氏が文氏をうながしているように見えた。予定になかった演出の可能性もある。

 韓国のニュース専門テレビは、何度も「歴史的出会い」と強調していた。両首脳に花束を贈ったのは板門店近くの小学校の男女。金与正氏にも花束を贈った。

金正恩氏「心がときめいて止まりません」

 文在寅氏と金正恩氏が板門店の軍事境界線上で、最初に交わしたあいさつの内容は以下の通り。

     ◇

 正恩氏「お会いできてうれしいです。お会いできてうれしいです」

 文氏「来られるのに、大変ではなかったですか」

 正恩氏「いいえ、心がときめいて止まりません。歴史的な場所で会ったのですから。また、大統領がこうして境界線まで迎えにきていただき、本当に感動的です」

 文氏「ここまで来られたのは、金委員長のとても大きな勇断でした」

 正恩氏「いいえ、そうではありませんよ」

 文氏「歴史的な瞬間を迎えています」

 金氏「お会いできてうれしいです」

 文氏「こちらへどうぞ」

金正恩氏が署名「新しい歴史は今から」(9:42)

 金正恩氏が板門店の韓国側施設「平和の家」で芳名録に署名した。「新しい歴史は今から。平和の時代、歴史の出発点から」と記帳した。韓国のテレビ局によると、金正恩氏の妹の金与正氏が、モンブランの万年筆を差し出し、それを使って署名したという。

【解説】韓国では、男も女もよく手をつなぎます

 両首脳が手をつないだのが印象的です。歴史的な光景に、テレビ中継を見ていた朝日新聞の編集局でも大きな声が上がりました。日本では同性同士ではあまり手をつなぎませんが、韓国の人たちは男でも女でもよく手をつなぎます。自然なやりとりだと思いました。

 2人は握手したのち、まず金氏が軍事境界線を越えて韓国側に入りました。このあと、文氏が金氏とともに北朝鮮側に入りましたが、これは予定にはありませんでした。文氏が北側に配慮したのかもしれません。

 一方で、朝鮮戦争後に初めて南北首脳会談が行われた2000年には、韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日総書記は会った際に両手で握手し、別れ際に抱擁しました。今回はお互いににこやかな表情ではありましたが、抱擁には至りませんでした。

 当時と今とでは状況がまったく違います。当時、北朝鮮はまだ核実験をする前でした。今は核保有国であると宣言し、より強い立場にいるという言い方もできます。

 今回の首脳会談は、北朝鮮の核放棄が最大の焦点。世界が注目する中で、あまり強く歩み寄りをすることは控えたのではないでしょうか。厳しい交渉になることが予想されます。

ホワイトハウスが談話(10:00)

 米ホワイトハウスは南北首脳会談について報道官の談話を発表した。談話では「我々は今回の南北首脳会談で、朝鮮半島全体の将来の平和と繁栄に向けて前進することを希望している。米国は、同盟国・韓国との緊密な連携を重視し、数週間後に迫ったトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長との米朝首脳会談に向けて、着実な議論を続けていくことを期待している」としている。

首脳会談始まる(10:20)

 南北首脳会談が始まり、韓国、北朝鮮の双方がカメラの前で冒頭の発言をした。出席者はどちらも3人ずつ。

 北朝鮮は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長、実妹の金与正(キムヨジョン)氏、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長。金与正氏は正恩氏の特使として平昌五輪の開会式にも出席した。金英哲氏は米朝の水面下協議を主導しているとされる。

 韓国は文在寅(ムンジェイン)大統領、任鍾晳(イムジョンソク)大統領府秘書室長、徐薫(ソフン)国家情報院長が対話のテーブルに着いた。

発言はまず金正恩氏(10:25)

 南北首脳会談の冒頭、まず金正恩氏が発言した。要旨は以下の通り。

 心を合わせて歩めば良い方向に向かうのではないかと思いながら、歩んできた。懸案や関心事について心を開いて話し合い、良い結果を作り出し、未来に進む契機になるように。

 夕食会用に、平壌から平壌冷麺を持参した。虚心に真剣に率直な心で話し、良い結果を作り出すということを文在寅大統領に申し上げる。

     ◇

 これを受けて、韓国の文在寅氏が発言した。要旨は以下の通り。

 全世界の耳目が板門店に集まっている。南北の国民、海外同胞たちの期待も大きい。それほど私たち2人の肩は重い。

 金正恩氏が軍事境界線を越える瞬間、この板門店は分断のシンボルではなく、平和のシンボルになった。金氏の勇断に敬意を表す。対話が大きな合意に至り、平和を望む世界のすべての人々に大きなプレゼントをしたい。

     ◇

 その後、報道陣は退席。会談が始まった。

ソウルでは…

 ソウル駅では40人ほどの市民が中継するテレビ画面に見入った。ただ、多くの市民は冷静な表情で、興奮した様子は見せなかった。

 釜山市に住む無職の男性、鄭善基(チョンソンギ)さん(70)は「少し前まで朝鮮半島で戦争が起きると言われていたが、数カ月で状況が変わってうれしい。ただ、北朝鮮は核兵器を持っている。会うだけの首脳会談ではだめだ」と話した。

 全羅南道木浦市に住む自営業の女性、安万順(アンマンスン)さん(63)は「北朝鮮の核兵器が不安でたまらなかった。今回、必ず核問題を解決してほしい。それができなければ、国民の失望を招くだけだ」と語った。

大阪では…

 韓国政府が日本に設置している文化広報機関、大阪韓国文化院(大阪市北区)では、在日本大韓民国民団大阪府本部や総領事館の職員ら約50人が集まり、現地からの中継を見守った。

 金正恩氏が北朝鮮の一行と歩く姿が映し出されると、会場からは「おおー」と歓声が上がった。その後、文在寅氏と握手を交わすと、拍手がわいた。

 在日本大韓民国婦人会府地方本部副会長で、在日2世の金玉枝(キムオッチ)さん(72)は「劇的なこと。今日の会談を機会に、南北の関係がうまくいけばいい」と期待を込めながらも、「拉致などさまざまな問題を解決した後でないと、このまま南北統一はありえない。一種のパフォーマンスに感じてしまう」。

 在日コリアンや日本人、韓国人留学生らが通う中高一貫のインターナショナルスクール「コリア国際学園」(大阪府茨木市)では、全校生徒約90人が、南北首脳会談の様子を伝えるインターネット中継を見守った。

 両首脳が軍事境界線で握手する様子が映し出されると、「ソン・チャバッタ(手を取った)!」と歓声が上がった。高等部2年の盧愛奈(ロエナ)さんは朝鮮学校出身で、南北双方に友人がいる。「互いに自由に行き来できる、新しい交流が始まってほしい」

【解説】笑いながら訂正した金正恩氏

 金正恩氏の冒頭発言は印象的でした。文在寅氏に「平壌から苦労しながら冷麺を持ってきた。大統領が気軽に、おいしく召しあがったらいいです」と夕食会の話を持ち出しました。

 韓国の人にとって平壌冷麺は憧れの食べ物。今回も韓国側のリクエストで平壌冷麺がメニューに加えられたそうです。そのことを金氏が持ち出し、会場の雰囲気を和ませたわけです。

 さらに金氏は、冷麺を「遠いところから(持ってきた)」と思わず語り、その後で「遠いと言ったらだめか」と笑いながら訂正しました。アドリブです。

 韓国ではよく、お客さんを歓迎する言葉として「遠いところからおいでになり、ありがとうございました」と言います。ですが、同じ民族同士の心理的な近さを強調することが大事だと、話しているうちに気がついたのでしょう。

 平壌から板門店までは約150キロです。

第1回会談は終了(11:55)

 27日午前11時55分、第1回会談が終了し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が板門店の韓国側施設「平和の家」から車で出発し、北朝鮮側区域に戻った。北朝鮮側警護要員12人が車両の周囲を取り囲み、走って警護した。

〈桜井泉記者〉
朝日新聞オピニオン編集部記者。1984年入社、91年にソウルで1年間言葉を学ぶ。韓国の政治外交、日韓関係や韓越関係、歴史問題、在日コリアン問題の取材を続けている。97~99年、ハノイ支局長。