[PR]

 吹奏楽に打ち込む女子高生2人の、もつれた友情と開花する才能と新たな成長の物語。複雑な葛藤と揺れる心情と逆転する関係を、重層的で細かな芝居、カゴと鳥のモチーフの反復、念入りに対応させたセリフによって描く、高密度高カロリーの心理ドラマ。それが、公開中のアニメ映画「リズと青い鳥」です。

 凝った技巧と高い完成度に感服しましたが、ラストについては「思春期のリアル」「別離テーマ」という2点において疑問を抱きました。「スイート過ぎるのでは?」って話ですね。あ、ネタバレありですのでお気をつけて。

 まずは当たり障りなく概要の説明から。武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を映画化したもので、「けいおん!」「聲(こえ)の形」などの秀作を送り出してきた「京都アニメーション制作×山田尚子監督×吉田玲子脚本」という組み合わせです。2期にわたって作られたテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」のスピンオフとも言えますが、単独作品として問題なく楽しめるものになっています。

 主人公はオーボエ担当の鎧塚(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら