カープ初V、新幹線のおかげ?鉄道とプロ野球の深い関係

有料記事

宮本茂頼
[PR]

 カープの初優勝は新幹線のおかげ? 鉄道とプロ野球の双方を愛するファンが、両者の関係を歴史的に調べてみた。浮かび上がったのは、鉄道事情の変化がプロ野球の成績にけっこうな影響をもたらしていたことだ。

 「プロ野球と鉄道」(交通新聞社新書)を出版したのは、鉄道ライターである田中正恭さん(62)。全国にチームが点在するプロ野球に遠征は不可欠。交通機関、特に鉄道とは切っても切り離せないのでは、と考えた。1936(昭和11)年にできたプロ野球のルーツである日本職業野球連盟時代から鉄道での遠征事情をひもといた。

 当時の時刻表をめくると、東京―大阪は急行列車で10時間。さすがに効率を考慮して、多くの球団が1カ所に集まって試合した。それでも戦前に旧満州や北海道への遠征も組まれ、「本当に日本人は野球が好きなんだ」と実感させられた。

 戦後にフランチャイズ制が確…

この記事は有料記事です。残り743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!