[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日午前9時半、北朝鮮の指導者として初めて、南北の軍事境界線を越えて韓国を訪れた。待ち受けた韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と笑顔で握手を交わした後、両首脳は板門店の韓国側の施設「平和の家」で11年ぶりの首脳会談に臨み、今後は両首脳による相互訪問を続けることを確認した。同日夕に発表が予定される合意文などで、正恩氏が「完全な非核化」に向けた意思を明確にするかどうかが焦点となる。

 南北首脳による会談は、2000年に金大中(キムデジュン)大統領が、07年に盧武鉉(ノムヒョン)大統領が、それぞれ北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記と平壌で会談したのに続いて3回目。韓国での開催は初めてだ。

 板門店は、約3年続いた朝鮮戦争の休戦協定が1953年に結ばれた場所。正恩氏は、軍事停戦委員会会議場の間の通路を通り、南北分断の象徴である軍事境界線を示す高さ5センチ、幅50センチのコンクリート製の仕切りを歩いて越え、韓国側に入った。出迎えた文氏も正恩氏に促されて一緒に仕切りを逆に越えて北朝鮮側に入り、両国の融和を印象づけた。

 韓国大統領府によると、正恩氏は「招待していただければいつでも(大統領府に)行きます」と語り、文氏も「これからは頻繁に会いましょう」と述べ、2人は相互訪問を続ける意思を確認した。

 韓国軍の儀仗(ぎじょう)隊の歓迎を受けた後、正恩氏は芳名録に「新しい歴史は今から 平和の時代、歴史の出発点にて」と記帳した。

 会談は午前10時15分ごろから、「平和の家」で始まった。文氏は会談で、①非核化②恒久的な平和の定着③南北関係の進展を主な議題とする考えだ。

 正恩氏は会談冒頭で「懸案や関心事について腹を割って話し合い、良い結果を作り出し、未来に進む契機になるように」と述べた。文氏は「世界の耳目が板門店に集まっている。それほど私たち2人の肩の荷が重い。金正恩委員長が史上初めて軍事境界線を越えた瞬間、この板門店は分断の象徴ではなく、平和の象徴になった」と応じた。

 非核化をめぐっては、北朝鮮は米国のみを交渉相手とみなしてきた。その米国は、北朝鮮の「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄」を短期間で行うよう求めている。一方で北朝鮮は、米韓軍の脅威がなくなればという前提付きで、時間をかけて段階的に廃棄していく構えだ。

 米朝は、6月初めまでの首脳会談開催を目指している。文氏としては米朝の考え方の違いを埋めるためにも、今回の南北会談で「完全な非核化」の意思を正恩氏から引き出し、米朝会談につなぎたい狙いがある。

 一方、過去2回の南北会談で中心議題だった経済協力の合意は、今回は見送られる見込み。核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射をめぐって国連安全保障理事会が北朝鮮に厳しい制裁を科すなか、大規模な経済支援は難しいためだ。このため文氏は、米朝会談で非核化の進展を見極めた後、再び南北会談を開き、経済協力を進める構想も持つ。南北会談の「定例化」も目指している。

 文氏は、安倍晋三首相の求めに応じて、南北会談で日本人拉致問題を正恩氏に対して伝える考えも示している。

 会談は午前11時55分にいったん終了し、正恩氏は昼食と休憩のため、乗用車に乗って軍事境界線を越えて北朝鮮側に戻った。会談は午後に再開され、合意文書である「板門店宣言」(仮称)に署名する予定だ。

 正恩氏には妹の金与正(キムヨジョン)氏、金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長をはじめ、李明秀(リミョンス)軍総参謀長や朴永植(パクヨンシク)人民武力相(国防相)ら軍の責任者も同行している。00年、07年の首脳会談には、軍の責任者は参加しておらず、韓国大統領府は「今回は非核化や南北の緊張緩和が重視されるため、軍幹部が同行したのだろう」とみて、26日に急きょ、韓国側からも鄭景斗(チョンギョンドゥ)・韓国軍合同参謀本部議長を参加させることにした。(高陽〈韓国北西部〉=武田肇)