[PR]

 携帯禁止、男性はスポーツ刈り、外出はスーツ――。千葉県警察学校(同県東金市)のこうした校則が、次々と見直されている。警察官の志願者数が年々減るなか、若者に「ルールが厳しい」と敬遠されないようイメージアップを図り、人材確保につなげたい考えだ。

 同校によると、昨年4月から今年2月にかけ、携帯電話、髪形、飲酒、外泊先、服装についての校則が順次、緩和された。

 携帯電話は、これまで外泊先以外では寮内でも使用が禁止されていたが、勤務時間を除いて使えるようになった。髪形は「男性はスポーツ刈り、女性はショートカット」だったのが、「入校生活に支障が無く、清潔かつ端正」であれば自由になった。

 外出時の服装も、以前はスーツの着用が義務づけられていたが、ジャケットにチノパンといった、カジュアルだが職場でも違和感のない服装なら認められた。お酒も「原則禁止」から、休日のみ、外出先や学校近くの飲食店などで飲んでいいことになった。

 評判は上々だ。今春卒業した男性巡査(19)は「以前は坊主頭にスーツで外出していたため、目立って恥ずかしかった。校則が変わって人目を気にせず買い物ができるようになった」。昨秋入校した女性巡査(20)は「ショートカットで成人式に出なければならず、少し嫌だった。髪を耳にかけられるようになったのは大きい」と笑顔を見せた。

 教官からは当初、「スマホでゲームばかりしないか」などと、校則見直しを不安視する声もあった。しかし、学生たちがスマホを使って課題の調べ物をするなど、良い効果もみられるという。副校長の宇佐見俊夫警視(59)は「心配無用だった。規律や礼儀といった警察官に求められる倫理観的なものは変わらず指導する。その一方で時代に合わせて変えるべき所は変えていきたい」と話す。

 なぜ、このタイミングで変える…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら