[PR]

 労働時間規制の見直しが争点となる働き方改革関連法案が、27日に審議入りした。安倍晋三首相は「今国会の最重要法案」と位置づけるが、野党6党が欠席する中、衆院本会議で趣旨説明を行った。度重なる政権の不祥事で国会正常化の見通しは立っておらず、会期内成立のハードルは高まっている。

 「戦後70年ぶりの大改革を実現する。本法案の成立に向けて、安倍政権として全力を傾注する」

 衆院本会議での質疑で、首相は会期内の成立へ強い意欲を示した。

 審議入りは政権の想定より1カ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら