[PR]

 西目屋村は28日から、津軽ダムのダム湖「津軽白神湖」を周遊する水陸両用バスツアーを始める。一昨年10月に完成した津軽ダムを観光資源として活用するための目玉事業で、今年が2シーズン目。運行は10月末までで、村は1万3千人の利用客を目標にしている。

 ツアーは村内の「道の駅津軽白神」(ビーチにしめや)が発着点。村が約9千万円で購入した水陸両用バスで湖畔の津軽白神湖パークまで約15分走り、入水して20~25分周遊する。

 27日に関係者らを招いた試乗会があり、初めて乗ったという弘前市の太田理絵さん(27)は「湖に入るときは勢いがあってドキドキしました。景色も最高です」と楽しんでいた。

 村によると、昨年の利用客は約…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら