[PR]

 大阪府の松井一郎知事は27日、受動喫煙防止のために、店舗面積30平方メートル以下のスナックやバーを除く飲食店を原則禁煙にする条例制定をめざすことを明らかにした。大阪への万博誘致をめざしている2025年までに規制する考えだ。

 26日には大阪市の吉村洋文市長も同様の市条例をつくる意向を示していた。松井知事は「府と市でダブルスタンダードがあったらおかしい。大阪全体で受動喫煙の防止対策をやりたい」と述べた。大阪市と調整し、府の条例に一本化する意向だ。内容も大阪市と協議する。条例は府内の全自治体に適用されることになる。

 松井知事は愛煙家。受動喫煙の防止について、以前は「国の基準に合わそうと思っている」と消極的な発言をしていたが、吉村市長から「健康テーマの万博と言っているのに」と非難されたことから考えを改めたという。記者団から「禁煙するのか」と問われると、「俺は全然」と否定した上で、「吸うところが減ってくれば自然と量も減ると思う」と語った。(楢崎貴司)

こんなニュースも