[PR]

 27日の衆院本会議を立憲、希望、民進、共産、自由、社民の野党6党が欠席するなか、希望の細野豪志、長島昭久両衆院議員が出席した。希望は民進との新党に合流する方針を決めているが、両氏は新党には加わらず、無所属になる意向を表明している。

 本会議後の記者団の取材に対して、細野氏は自らの提案が盛り込まれた生活保護法改正案の採決が行われたことから、「責任を持って臨もうということで判断した。解党が決まり、実質的に無所属という思いで出席した」と説明した。

 長島氏は「野党は本来は審議を通じて政府をただしていくことが基本だ。野党でもそういう姿勢を示す必要がある」「政府側の対応はひどすぎるが、だからといって欠席戦術をずっとやって、いつ起きるのか。国民の理解は得られない」と述べ、審議拒否を続ける野党に疑問を呈した。(竹下由佳)