[PR]

 東京大は27日、2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間試験の活用方法を検討するため、ワーキンググループを設置すると発表した。検討結果を発表する時期は未定という。

 民間試験は、英語の「4技能」(読む・聞く・話す・書く)を測るために活用が決まった。ただ、東京大は五神(ごのかみ)真総長が3月、「公平、公正の担保が社会の要請に堪えうるのかという議論は、当事者として深めないといけない」と発言し、入試担当の福田裕穂(ひろお)副学長も会見で「今の状態では(合否判定に)使わない可能性が極めて高い」と述べるなど、慎重な姿勢を示してきた。

 共通テストの英語は23年度まで、民間試験のほか、大学入試センターが作る「読む・聞く」の2技能を測る試験を併用する。国立大学協会は、全受験生に両方を課すことを各国立大に求めており、民間試験の成績は①出願資格とする②センターの試験に加点する③両方を組み合わせる――の3パターンをガイドラインとして示している。東京大も、いずれかを採用する方針という。(増谷文生)