[PR]

 劇作家で演出家、俳優の渡辺えりさんに、朝日新聞生活面の「ひととき」を読んで感じたことをつづっていただきました。今回の対象は2018年1~3月に掲載された投稿です。そのすべてに目を通した渡辺さん。「どれも素晴らしいものばかり」と何日も悩んだそうです。渡辺さんの思いを受け、記者が3人の投稿者にお話を聞きました。

「42年間の新聞配達」

滋賀県豊郷町

澤 秀子

無職 81歳

 昨年12月31日の朝日新聞朝刊をもって、私たち夫婦は42年間の配達を終えました。

 新聞配達はもともと、お小遣いがほしいからと娘が始めました。数年頑張りましたがやめたいというので、彼女の担当だった25軒分を引き継ぎ、徒歩や自転車で手分けして配ることにしました。続けないと迷惑がかかると思ったからです。それから今までけがもなく、無事終えることができて感謝の日々です。

 毎朝、お寺と地蔵堂の前で一日の無事をお祈りして始めました。2人とも会社勤めをしていたので、配達の後、出勤しました。会社や田畑で元気に働くことができたのは、早朝からの配達が健康の源になったからだと思います。

 区切りをつけたきっかけは、1年前の大雪でした。もうそろそろ引退してもよろしいよ、という天の声だったのかもしれません。

 やめる時、販売店にねぎらってもらいました。また、正月には2組の娘夫婦、孫、孫夫婦、ひ孫が集まったにぎやかな食事の席で、「おじいちゃん、おばあちゃん、42年間ご苦労さまでした」と花束を贈られたのです。感激で胸がいっぱいになりました。

渡辺えりさんが感じたことは
このあとも渡辺えりさんが選んだ投稿と感想、そして投稿者の喜びの声を紹介します。

■日記に残す、本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら