【動画】財務省の福田淳一・前財務次官のセクハラ報道問題について発表する矢野康治官房長ら=神沢和敬撮影
[PR]

 「セクハラ行為はあったと判断した」。財務省の福田淳一・前事務次官のセクハラ疑惑をめぐり、財務省は27日、ようやく福田氏の処分と被害者への謝罪に踏み切った。本人が否定し続ける中での「ぎりぎりの認定」。財務省は調査を終える構えだが、中途半端な形での幕引きに、批判の声がやまない。

 27日夕、財務省会見室。

 報道陣が詰めかけるなか、会見に臨んだ矢野康治官房長と伊藤豊秘書課長は冒頭、謝罪の言葉を述べると、15秒ほど頭を下げた。監督責任を問われる麻生太郎財務相の姿はなかった。

 週刊新潮が福田氏のセクハラ疑惑を報じてから15日。セクハラ認定と処分に時間がかかったことについて、矢野氏は「財務省の調査で事実関係を明らかにするのは難しい面があった」と釈明した。調査を委託した財務省の顧問弁護士が福田氏に計3回の聞き取り調査をしたことなどを説明し、「財務省として責任を持って調査を行い、ぎりぎりの認定としてセクハラ行為があったと事実認定した」と理解を求めた。

 だが、公明党の山口那津男代表は27日、「遅きに失したと言わざるを得ない。厳しく反省して出直してもらいたい」と批判した。

 福田氏がセクハラを否定するなか、財務省は顧問弁護士による被害者側への聞き取り調査にこだわり、後手に回った。

 それが一転、セクハラ認定へと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら