[PR]

 新潟県議会は27日、臨時議会を開き、米山隆一知事(50)の辞職に全会一致で同意した。辞職は同日付。米山氏は出会い系サイトを通じて知り合った女性に金銭を渡して関係を持ったとして、県議会に辞職願を提出していた。

 米山氏は東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働に慎重な姿勢を示してきた。この日は議場であいさつし「新潟に住むみんなが福島第一原発事故がもたらしたものを直視し、民主主義のプロセスによって一つの方向を作っていく取り組みをぜひ続けていただきたい」と述べた。米山氏は2016年10月の知事選で「原発事故原因の徹底的な検証」を公約に掲げて初当選し、県独自の福島第一原発事故の検証などを終えるまで、再稼働への地元同意の判断をしない方針を示していた。

 辞職に伴う知事選は5月24日告示、6月10日に投開票される。(加藤あず佐)

こんなニュースも