[PR]

 3月21日に神奈川県であった全日本アンサンブルコンテスト(朝日新聞社など主催)で金賞を受賞した門司学園高校(北九州市門司区)の吹奏楽部の生徒8人が27日、北橋健治市長を訪ね、受賞を報告した。

 リーダーでトランペットを担当する岡田桜子さん(3年)が「チームワークを大事にした」と述べ、金賞受賞を報告。北橋市長は「街の発展には文化の力がますます大切になっていく。皆さんの活躍は心強い限りです」と感謝した。その後、8人は全国大会でも演奏した「幻影」という曲を市長の前で披露した。(井石栄司)