[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から超小型衛星を放出する能力を大幅に高める方針を固めた。11日、ケニアなどの3機の放出に成功。2020年度には、現在の約20倍の年100機規模にして、新興国の需要を取り込む。

 超小型衛星は10センチ立方、重さ数キロ程度。市販の電子部品を使い、短期間に安く作ることができ、日本は多くの実績を持つ。数百機を使って、地上のインフラ監視や通信網の構築などの活用が見込まれ、世界でベンチャー企業の参入が相次いでいる。実業家の堀江貴文氏が出資する小型ロケットも、こうした衛星の打ち上げを視野に入れている。

 JAXAはこれまで、大型衛星と一緒にロケットに載せて宇宙空間で分離したり、補給船でISSに運び、「きぼう」から放出したりしてきた。現在は年5機程度だが、今後の需要増を見込んで「きぼう」にある放出用の装置を増やし、頻度も高めて20年度には最大で年約100機を放出できるようにする。

 小型で安価な特徴を生かし、独…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら