[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案が27日に閣議決定された。全国の設置数は最大3カ所とされ、誘致に熱心な自治体はすでに海外のIR事業者と接触を重ねている。ただ、ギャンブル依存症への懸念は根強く、対応を巡って温度差もある。

 大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を候補地に、積極的な誘致活動を展開する大阪府と大阪市。日本維新の会代表の松井一郎・大阪府知事は、前知事の橋下徹氏とIR誘致の旗を振り、蜜月関係の菅義偉官房長官らにカジノ解禁を訴えてきた。昨年4月には府と市で共同のIR推進局を設置。依存症対策も独自に検討を進める。

 橋下氏は27日、大阪市で開か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら