[PR]

 高知市浦戸の桂浜水族館で28日、大学生以上が対象の「オ・ト・ナの飼育員体験」があり、抽選で選ばれた県内外の6人が、トドのプール掃除やエサやりを体験した。

 開催は1月に続き2回目。6人はプールをブラシでこすってこけを落とした後、トドの「ニコ」と「なでしこ」に約2キロのアジを与えた。6人は普段より間近で見る2頭の姿に見入っていた。

 大阪から友人2人と参加した梅花女子大3年の狩屋ゆき乃さん(20)は「貴重な体験ができた。将来は動物の幸せを考えられる飼育員になりたい」。好評のため、同館は3回目の開催も検討しているという。(菅沢百恵)