[PR]

 父親の出身地、茨城県筑西市と東京を拠点に活躍するビジュアルアーティスト、ミック・イタヤさん(64)の作品約400点を集めた「アートのある暮らし展 ART in LIFE ミック・イタヤの作品と生き方」(朝日新聞水戸総局など後援)が、筑西市のしもだて美術館で開かれている。

 ミックさんは水戸市出身で、多摩美術大卒業後、東京でグラフィックデザイナーとして活動。10年ほど前から、茨城の伝統工芸品を独自にアレンジし、アートと融合させる取り組みも始めた。

 作品展は2部構成で、1部はミックさんの初期作品から、ファッションや音楽、商業デザインなどの代表作や最新作までを展示。47年前のシルクスクリーン作品で、母校茨城高校の文化祭、「放蕩(ほうとう)祭」のポスターも。

 2部は、「茨城クラフアート」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら