[PR]

 ロケット開発ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ(IST)」が、北海道大樹町で28日に予定していた小型ロケット「MOMO」2号機の打ち上げは、29日午前5時以降に延期された。機器の確認に時間がかかったため。集まった人たちからはため息も漏れたが、「29日は成功を」と期待の声もあがった。

 28日はまず、午前11時から午後0時半の間での打ち上げを計画していた。

 午前9時過ぎ、ISTの稲川貴大社長が会見し、「最終チェックの段階でロケットの機体確認に時間がかかり、(最初の設定時間に)間に合わないので延期を決めた」と切り出した。夕方にも打ち上げ時間を設定していたが、「天気予報などを総合的に判断すると、夕方は風が強まり、打ち上げ基準を超えそうなため29日の午前5時から8時の時間帯に打ち上げることにした」と説明。「大きな機体のトラブルはなかった」とも語った。

 この日の点検内容としては電源を入れ、電子部品のほか、配管が圧力を保つかどうかの最終チェックをしたが、機体に燃料などを注入していなかったという。

 同席した、大樹町の酒森正人町長は「安全に打ち上げるためのISTの判断だと思う。29日に皆さんの思いを乗せたロケットが打ち上げられることを期待しましょう」とあいさつした。

■観覧者ら「仕方ない」「気長に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら