【動画】工場内にステージが特設され、盛り上がる「ダイワ化工」の社歌ライブ=荻野好弘撮影
[PR]

 町工場の仕事に誇りを持とうと、社歌を作ったゴム部品メーカー「ダイワ化工」(愛知県扶桑町)で28日、お披露目のライブが開かれた。工場内にステージが特設され、バンド演奏とともに「ゴム屋魂」が熱く歌い上げられた。

 中小企業コンサルタントで各地の企業応援歌をつくるエサキヨシノリさん(49)に社歌づくりを依頼。「何とかしてやるぜ! ゴム屋魂、ダイワ化工のテーマ」が出来上がった。

 ライブは、約30人の従業員が自動車部品づくりなどにあたる同社工場に地元の工場関係者ら約100人を招待して開かれた。

 エサキさんのバンドが中小企業で働く人をテーマとした数々の曲を演奏した後、ダイワ化工の社歌を披露。ライブを企画した若手や大藪建治社長(47)がパーカッションで加わり、ステージを盛り上げた。

 企画リーダーの中沢桂さん(37)は「自分たちの思いが詰まった歌になった。仕事で困難にぶつかった時にイベントを思い出したい」と取材に話した。(荻野好弘)