[PR]

 日本相撲協会は28日、東京・国技館で理事会を開き、土俵の女人禁制の是非について意識調査を行うことを決めた。大相撲ファンに偏らないようにするため、本場所の会場だけでなく、相撲ファン以外の人たちの意見も集める方針だ。

 この問題では、今月4日に京都府舞鶴市の巡業で、あいさつ中に土俵で倒れた多々見良三市長を介抱した女性に向けて、若手行司が「女性は土俵から降りてください」とアナウンスしたことが批判を浴びた。

 意識調査は、太田房江・大阪府知事(当時)が表彰式の土俵に上がれなかったことが注目された2004年から、3年間にわたって実施。協会発表によると、この際は「大相撲の土俵の女人禁制に反対しないと答えた人はどの年も6割以上いた」としている。しかし、本場所の来場者を対象とした調査手法には偏りを指摘する声があった。

 また、巡業中に女児が参加できないことを問題視された「ちびっこ相撲」について、当面休止することを決めた。4月の春巡業で男児がけがをする事例が2件報告されたといい、安全面を考慮した。女児の参加も再検討し、対策がまとまり次第再開するという。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「公益法人として見解を示していかなければいけない」と話した。