【動画】世界100カ国を表現した着物、お披露目=市川雄輝、堀英治撮影
[PR]

 2020年の東京五輪に向け、世界の国々を表現した着物100着を披露するファッションショーが福岡県久留米市の久留米シティプラザで29日、開かれた。九州7県の高校生を含むモデル100人が各国のお国柄を映した着物を次々と披露した。

 同市の呉服店主、高倉慶応(よしまさ)さん(50)が「世界196カ国の着物を作り、五輪のおもてなしに」と始めた「KIMONO PROJECT(キモノプロジェクト)」。市民や企業の寄付と職人の協力の輪は全国に広がり、開始から4年間で100カ国分が完成した。残り約半分を完成させ、東京五輪の公式行事での起用を目指す。