[PR]

 卓球の世界団体選手権は29日、スウェーデンのハルムスタードで開幕し、日本は男女とも1次リーグ初戦を3―0で白星発進した。

 B組の女子はウクライナを相手に、1番手の伊藤美誠(スターツ)、2番手の石川佳純(全農)、3番手の平野美宇(日本生命)がともに3―0のストレート勝ちを収めた。

 C組の男子はベルギーを退けた。エースの水谷隼(木下グループ)が背中の張りで欠場したが、史上最年少の14歳で全日本選手権を制した張本智和(エリートアカデミー)、丹羽孝希(スヴェンソン)、松平健太(木下グループ)がそれぞれ勝った。

 1次リーグは24チームが4組に分かれて総当たり戦を行い、各組上位3チームが決勝トーナメントに進む。試合方式はシングルス(5ゲーム方式)のみで、3戦先勝制で行われる。

 試合時間わずか1時間足らずの完勝で、日本女子が白星発進。ウクライナが主力を温存してきたことを差し引いても、日本の状態の良さが光った。

 1番手は全日本女王の伊藤美誠。「全く緊張せずに、すごく楽しみだった」と語る通り、第1ゲームは0―1から8連続得点。カット主戦型の相手に強打を連打し、ストレート勝ちを決めた。2番手の石川佳純、3番手の平野美宇も持ち味の攻撃力を発揮し、寄せ付けなかった。「自信を持って戦えた」と初出場の平野は振り返った。

 「勢いに乗りたい初戦で、良い試合ができた」と主将の石川は笑顔を見せた。過去2大会は連続銀メダルの日本。打倒中国に向け、好スタートを切った。(前田大輔)