[PR]

 ソフトバンクグループの子会社で米携帯電話4位のスプリントと、同3位のTモバイルUSが合併することで合意した。合併後の新会社の経営権はTモバイルUSの親会社ドイツテレコムが握り、スプリントはソフトバンクの子会社から外れる。

 ソフトバンクにとって、スプリントの経営権を手放す形での合併は苦渋の決断だったとみられる。様々なモノをインターネットにつないで情報をやりとりする「IoT」に巨額の投資を進めるなか、世界最大の米国市場でスプリントが持つ通信網は、膨大な情報をやりとりするための「欠かせないインフラ」(孫正義会長兼社長)だからだ。

 孫氏はこれまで、スプリントと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら