[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、最高人民会議常任委員会が同日、北朝鮮の標準時間を30分早める政令を採択し、5月5日から適用すると報じた。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が27日の南北首脳会談で、韓国の標準時間と同一にする考えを示していた。

 同通信は、正恩氏は南北会談で「民族の和解、団結の初の実行措置として、朝鮮半島に存在する二つの時間を統一することから行っていく決心を表明した」と伝えた。正恩氏が標準時間を統一する考えを示したことは29日に韓国大統領府が公表していたが、北朝鮮では公にされていなかった。

 北朝鮮は、日本の植民地統治からの解放70周年にあたる2015年8月15日に標準時間を30分遅らせており、元に戻すことになる。韓国の標準時間は日本と同じ。

 一方、韓国軍は5月1日、南北の軍事境界線沿いに設置している北朝鮮向けの宣伝放送用の拡声機の撤去を始める。境界線一帯での敵対行為を中止するとした「板門店宣言」に基づく対応としている。(ソウル=武田肇)

こんなニュースも