[PR]

 29日午後11時ごろ、佐賀県武雄市山内町鳥海の九州製鋼佐賀工場の地下室で爆発があった。男性作業員(28)が全身やけどで死亡、助けようとした男性作業員(45)が右半身にやけどを負った。県警が30日朝から現場検証をしている。

 武雄署によると、工場1階で作業中、地下の機械室につながる扉から煙のようなものが出ていたことから、男性作業員(28)が確認のため中に入ったところ、爆発した。男性は嬉野市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。火は他の作業員たちが消し止めた。当時、工場には10人ほどの作業員がいたが、ほかにけが人はいなかった。

 同社によると、佐賀工場では鉄くずを溶かし、鉄筋の素材をつくっている。地下室には鉄を溶かす電気炉に酸素を送るためのゴムホースなどがあった。(黒田健朗)