[PR]

 3日から始まる大型連休の後半、歴史と伝統のある祭りや行事が県内各地で開かれる。国や県の選択無形民俗文化財に指定されているものも多く、県内の貴重な文化を知る良い機会となりそう。主なものを紹介する。

鍋かぶりしずしずと 米原「鍋冠祭」

 女の子が鍋や釜を頭にかぶって練り歩く奇祭「鍋冠祭」が3日午後2時から、米原市朝妻筑摩の筑摩神社で催される。貴族の衣装でしずしずと歩く姿はみやびな中にもユーモアがあり、湖北の春の風物詩だ。

 祭りは、地元の人ら約200人…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら