【動画】昭和20年7月、市街地を丸焼けにした岐阜空襲の恐怖を話す大脇雅子さん=伊藤智章撮影
[PR]

弁護士 大脇雅子さん(83)

 1945(昭和20)年7月、岐阜空襲の時、10歳だった。父は軍属としてインドネシアに渡り、うちは国民学校教師の母と弟、祖母、叔母、私の5人でした。私は母と同じ学校に通ったが、軍隊行進が苦手だった。常駐する兵隊の命令で、歩調が合うまで何度もやり直しをさせられた。

 終戦間際の当時、各務原がやられ、次は岐阜、といううわさも飛んでいたそうだ。母は警戒警報と同時に学校に向かった。(天皇の写真を納めた)奉安殿を守るためです。

 すぐ空襲警報です。どかん、ど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース