[PR]

 6月初旬までの実現を目指す米朝首脳会談の開催地について、トランプ米大統領は30日午前(日本時間同日夜)、自身のツイッターに「数多くの国々が首脳会談の候補地として検討されているが、第三国よりも、韓国と北朝鮮の国境にある(韓国側の)『平和の家』『自由の家』がもっと代表的で重要で持続的な場所ではないだろうか? (あなたたちに)聞いてみただけだけど!」と投稿した。

 トランプ米政権内では現在、米朝首脳会談の候補地は第三国が検討されているが、トランプ氏は板門店での開催の可能性も探っていることを示したものだと言えそうだ。

 米朝首脳会談の候補地をめぐっては、トランプ氏は4月下旬、「2カ国に絞った」と発言。米政府当局者は同28日、朝日新聞に対し、スイス・ジュネーブとシンガポールに絞っていると説明。米朝両国にとって中立性が高く、核問題で過去に米朝協議が開かれた実績を重視しているという。(ワシントン=園田耕司)

こんなニュースも