[PR]

 新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山に登った親子が行方不明になり、遺体で見つかった。遭難した山は標高1千メートル未満。低い山にも危険が潜んでいるのだろうか。

 亡くなったのは新潟市北区の会社員渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空くん(6)。親子は晴天の5月5日、五頭連山北部の松平山(954メートル)方面に向かったとみられる。5日夜、渋谷さんは携帯電話で父親に「道に迷ったので山中に野宿する」と連絡。6日朝に「これから下山する。(携帯電話の)バッテリーが少なくなってきた」と連絡が来た後、携帯電話は不通になった。

 捜索は連日続けられ、29日午前、県警ヘリコプターが親子の遺体を発見。場所は、松平山山頂から南西約1・7キロの標高約580メートルのコクラ沢の斜面だった。

 県警によると、親子は5日午前10時過ぎ、ふもとのコンビニエンスストアでおにぎりやペットボトルの飲み物を買う姿が防犯カメラで確認された。午後1~2時ごろには松平山8合目付近を登る姿が複数回目撃された。親子はスニーカーなどの身軽な格好だったという。

 親子が行方不明になった約1週間後、記者も松平山に登ってみた。登山口の看板には「健脚向きのコース」と記されていた。傾斜30度超のところもある。山頂に近づくにつれ、幅1メートルにも満たない狭い登山道は雪解けでぬかるむ。

 地元山岳会「うすゆき山の会」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら