[PR]

 何者かがネット通販で買った電子マネーのギフト券などの代金を、気づかないうちにコンビニで支払わせられる架空請求詐欺が、昨年から全国で相次いでいる。指定された番号をコンビニで伝えると、本人確認もなく代金支払いができる「収納代行」を悪用した手口だ。福岡でも増えており、警察は、店員からの積極的な声かけなどを呼びかけている。

振り込んだ男性「みじめ、悔しい」

 「コンテンツご利用料が未納です」

 福岡市東区の自営業男性(65)のスマホに、そんな文面のショートメールが届いた。今年3月のことだ。不安になった男性は、メールにあった番号に電話。男から「料金は29万8千円」と告げられた。身に覚えはなかったが、「スマホの誤作動でありうること」「今日中に払えば手数料5%以外は返す」という男の言葉を信じた。同時に男からは13桁の番号も伝えられた。

 男性は指示通りにコンビニで店員にこの番号を伝え、29万8千円を支払った。領収書には「ネットショッピング払込」と書かれていた。不審に思った男性は警察に相談し、詐欺だとわかった。収納代行を使ったことがなく、まったく気づかなかったという。男性は「みじめで家族にも話せない。悔しい」。

 収納代行は、ネット通販などで商品を注文する際に「コンビニ払い」を選び、メールなどで届いた十数桁の番号をコンビニ内にある端末で入力するか、店員に直接伝えて代金を支払う仕組み。本人確認は不要で上限額は30万円などだ。

 収納代行を悪用した詐欺では①犯人側が通販サイトで電子ギフトカードなどを注文②支払い番号を被害者に伝える③被害者がコンビニで代金を支払う④代金は収納代行業者を通じて通販サイト運営会社に支払われる⑤犯人側は商品を入手。その後、商品を転売して現金化しているとみられる。

 警察庁や福岡県警によると、収納代行を悪用した詐欺被害は昨年後半から増え始め、昨年だけで全国で924件が確認された。福岡県内は28件で、今年は4月末時点ですでに32件に上るという。

 架空請求詐欺ではここ数年、被…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら