[PR]

 自宅で受診し、薬剤も郵送――。県は今年度、山間部や離島を対象に、テレビ電話などを使ったオンライン診療と、遠隔の服薬指導を始める方針だ。近く開かれる国家戦略特区諮問会議で認められる見込みだという。

 計画では、患者はテレビ電話などを利用して自宅で受診。医療機関は、処方箋(せん)の写しをファクスや郵便で患者と薬局に送る。これをもとに、薬剤師が自宅にいる患者にテレビ電話などで服薬指導を行い、薬を郵送する流れだ。

 県によると、これまでもオンラインでの診療は認められていたが、薬の販売には薬剤師と患者が対面する必要があった。

 今回、県は国家戦略特区制度を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら