[PR]

 豊洲市場(東京都江東区)の集客施設「千客万来施設」の整備が滞っていた問題で、運営予定事業者の「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)は31日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会後に着工する意向を都に伝えた。都も了承し、大会までは都が中心になって仮設の商業施設を設けることを検討する。

 都と万葉によると、築地市場跡地(中央区)の再開発をめぐって対立していた小池百合子都知事と万葉の高橋弘会長が30日に面会。万葉は28日時点で「事業実施の可否を判断できない」としていたが、トップ同士の交渉後、事業を進める方針に転じた。万葉側によると、整備費を抑えるため、建設ラッシュが落ち着く2020年大会後に、速やかに着工するという。

 万葉は当初、17年初めごろに着工する予定だったが、小池知事が豊洲移転の延期を表明。17年6月、さらに小池知事の築地跡地の「食のテーマパーク」構想に反発し、撤退を示唆しながら小池知事の謝罪を求めていた。万葉から事業実施の意向が伝えられたことを受けて、都は、改めて万葉と正式に合意する方針という。

 一方、地元の江東区が豊洲の集客施設の早期整備を求めていることから、都は万葉が着工するまでの間、暫定的に商業施設を運営することを検討するという。