【動画】将棋の藤井聡太七段が七段として初の公式戦で勝利。その後、関西囲碁将棋記者クラブ特別賞の表彰状を受け取って笑顔=佐藤圭司撮影
[PR]

 史上最年少で七段昇段を果たした将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(15)が1日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第44期棋王戦(共同通信社主催)予選で中村亮介六段(32)に95手で勝った。七段として初めての公式戦を勝ち星で飾った。これで昨年に続いて、棋王戦の挑戦者決定トーナメント入りが決まった。その最初の対戦相手は、過去に敗れている菅井竜也(すがいたつや)王位(26)だ。

 対局は午前10時に始まり、午後7時2分に終局した。藤井七段は「途中は少し苦しくしたかと思い、その後は実戦的に指そうと思った。最後は自玉の堅さを生かして攻めきることができた。(次に)タイトルホルダーの菅井王位と対戦できるのはうれしく思います。過去1局は完敗。次は成長した部分を見せられたらと思います。前期より上を目指して頑張っていけたら」と話した。敗れた中村六段は「途中、結構いけるのかな?と思った場面もあったが……」と話した。

 この日は終局後、藤井七段に「第26回関西囲碁将棋記者クラブ特別賞」の表彰状が手渡された。藤井七段は「昨年度の成績がこうして評価されたのをうれしく思います。今年度は昨年度以上に成長したところをみせたい」と話した。

 日本将棋連盟によると、藤井七…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース