[PR]

ブレイディみかこさん

 ロンドンで2月と3月に起きた殺人件数が、現代史上初めてニューヨークを上回ったことが4月に明らかになった。ロイヤルファミリーとアフタヌーンティーの国の首都が、ニューヨークより治安の悪い都市になったというニュースは、英国のみならず、世界中を驚かせた。

1965年生まれ。保育士・ライター。96年から英国在住。近共著に「そろそろ左派は〈経済〉を語ろう」、著書に「子どもたちの階級闘争」など。

 ロンドン警視庁の発表によれば昨年4月から今年3月までのロンドンの殺人件数は前年比44%増、若者の犯罪件数が約3割増だ。銃の発砲事件は23%、ナイフ犯罪は21%上昇した。週末になるとロンドンで10代の少年や20代の若者が刺殺・射殺されたという報道が流れ、「ユースクライム(若者犯罪)」という言葉がクローズアップされている。ふと思い出すのは、2011年のロンドン暴動の後で息子の友人のお父さんが言っていた言葉だ。長年ロンドンの貧困区で若者支援に関わるユースワーカーとして働いた彼はこう言った。

 「政治が若者支援の予算を削減し続けたら、ロンドンはかつてないほど危険な都市になるだろう」

 地方自治体の福祉予算削減で職…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら