[PR]

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場するニュージーランド(NZ)代表の関係者が、大会前の事前キャンプ地に決まった柏市を訪れた。プールと体育館が練習施設となった市立柏の葉小学校にも足を運び、児童たちと触れ合った。

 5月31日に訪れたのは、我孫子市を拠点とする社会人チームのNECにかつて所属し、日本代表ヘッドコーチも務めた元NZ代表のジョン・カーワン氏と、NZラグビー協会の幹部。この日、事前キャンプ地について説明する会には駐日NZ大使も出席した。

 「オールブラックス」の愛称で呼ばれ、大会3連覇を狙う強豪NZ代表の事前キャンプはカーワン氏の橋渡しで実現した。W杯は来年9月20日に開幕。その前の同10~14日に柏市内に滞在し、県立柏の葉公園総合競技場と柏の葉小の施設を使用。宿泊施設は三井不動産が近くのホテルを無償提供する。協会のスティーブ・チューCEOは「準備の場所としては完璧だった。気候などをここで慣らしたい。柏市、三井不動産とパートナーシップが生まれたことも重要」と語った。

 柏の葉小を訪れたカーワン氏は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら