[PR]

 国際天文学連合は4月29日、三重県亀山市のアマチュア天文家中村祐二さんが、ペルセウス座に6・2等の「矮(わい)新星」とみられる爆発現象を発見したと発表した。

 矮新星は、超新星や新星とは異なるメカニズムで星が急激に明るくなる現象。国立天文台は「矮新星が肉眼でも見えるほどの明るさになるのはかなり珍しい。今後、数週間から数カ月かけて詳しく観測する必要がある」としている。

 中村さんは、これまでも新星や彗星(すいせい)を計十数個見つけてきた天文家。135ミリレンズと専用カメラで29日午後8時すぎに撮影した画像に明るい星が写っているのを見つけ、国立天文台を通じて国際天文学連合に報告した。発見を知った英国の天文家デニス・ブチンスクさんが現地時刻29日夜に35センチ反射望遠鏡で観測したところ、5・6等まで増光していたという。中村さんは「明るくてびっくりした。異常な事態だと思ったので、すぐ報告した」と語った。(東山正宜