[PR]

 旅先のメキシコで旅費が尽き、宿泊料金がわりに壁画を描いたことから絵の道へ――。そんな一風変わった経歴を持つ絵描きの河野(こうの)ルルさん(30)=名古屋市在住=の個展が、大阪市内で開かれている。昨年のアートフェアでグランプリを受賞し、今年1月の大阪国際女子マラソンではメインビジュアルを任されるなど、いま注目の作家だ。

 パッと見ただけで心が弾む、明るく華やかな色彩。花や鳥、魚といった生き物たちが、色とりどりの水彩絵の具でいきいきと描かれている。

 動物医療機器のメーカーに勤めていた河野さんが退職し、1年間にわたって海外を渡り歩く旅に出たのは2015年2月。「旅先の風景をスケッチができたらかっこいいかも」と、スケッチブックと水彩絵の具をリュックに詰めたが、そのときはまさか、自分が絵描きになるとは思っていなかった。

 カンボジアで結婚式に参加し、ネパールでカラフルな粉や色水をかけあう祭りを楽しんだ。トルコで知り合った画家のおじいさんは、アトリエで絵を描かせてくれた。

 ヨーロッパ滞在を経て9月にメキシコに着くと、旅費が底をつきかけていた。最初は、働きながら宿に泊めてもらったが、メキシコでは街のいたるところに壁画があり、自分も描いてみたいと思った。「宿の壁に絵を描かせてもらえないか」と頼むと、オーナーは快諾し、絵を描いている間の宿泊代を無料にしてくれた。

 1週間かけて、キッチンの壁に野菜や太陽の絵を描き上げた。オーナーは「才能がある」と褒めてくれた。それからは、絵を描かせてくれる宿を見つけては、壁画を描き、メキシコ各地を回った。

 15年末、日本に帰国。「絵描きになろう」と決意した。とはいえ、すぐに仕事が来るわけでもなく、名古屋の商店街で「何でも描きます」と名刺を配って回ったり、絵を描かせてくれそうな場所に片っ端から手紙を送ったり。

 仕事が好転したきっかけは昨年、大阪で開かれたアートフェア「UNKNOWN ASIA」だった。アジア各国から集まった約200組の中から、日本人初のグランプリに選ばれた。その後、大阪国際女子マラソンのメインビジュアルや、FM802のタイムテーブルのイラストなど、オファーが相次ぐようになった。

 夢は、世界中の孤児院や病院、学校などに壁画を描いて、子どもたちに喜んでもらうこと。5月末からはアフリカに行き、現地の小学校に壁画を描く予定だ。「私の絵は『明るい気持ちになる』と言ってもらえることが多い。絵を通して、子どもたちに楽しい気持ちになってもらえたら」

 個展「LULU」は10日まで。大阪市北区のルクア1100(イーレ)7階のDMOARTS(06・6450・8187)で。(松本紗知)