拡大する写真・図版 ポスターの素材。間寛平さんの頭や背景をキャンバスにして自由に描く(柏原市提供)

[PR]

 大阪府柏原市が、タレントの間寛平さんを題材にしたポスターのデザインコンテストを開いている。間さん発案の企画で、みんなが笑顔になれるようなデザインを、と応募を呼びかけている。

 間さんは、同市の柏原高(現・東大阪大柏原高)を卒業した縁で、昨年11月に「かしわら笑顔大使」に就任した。

 ポスターにはスキンヘッドのかつらをかぶった間さんが印刷され、その頭部や背景にサインペンや絵の具、色鉛筆などで自由に描き足してデザインする。特産品のブドウや大和川など市にゆかりのあるものを少なくとも一つ盛り込むのがルール。応募作の活用方法については市が検討中。

 ポスターは市のホームページからダウンロードできるが、応募は郵送やメールでは受け付けておらず、市役所本庁舎や市内3カ所の合同会館などに持参する。12月21日まで。優秀作品にはワインやジュースなどが贈られる。問い合わせは市企画調整課(072・971・1000)。(大野正智)