[PR]

 大阪府河内長野市の滝畑ダムの湖底(深さ約25メートル)で熟成させた日本酒(720ミリリットル)100本を、同市がふるさと納税の返礼品に加えた。

 太陽光が届かない湖底は、貯蔵に理想的な冷温。昨年末に沈めたのは豊臣秀吉も好んだとされる地元の銘柄「天野酒」で、22日に引き揚げる予定。

 昨年の試作品は「まろやか」と好評だった。昨秋の台風などでダムの水量も増えて好条件といい、「自然に育まれたうまみもあふれ出すはず」と担当者。