[PR]

 オーストラリア西部パース在住の104歳の現役科学者デビッド・グドールさんが近く、スイスに移住して安楽死の処置を受けることになった。公共放送ABC(電子版)などが1日までに報じた。身体の衰えから決断したという。豪州では安楽死は認められていない。

 グドールさんは生態学者で、近年はパースのエディスコーワン大に所属し、100歳の時にも論文を発表。2016年に大学に「通勤が危険」と自宅に研究の拠点を移すよう提案されたが、通勤時間が短くなる別のキャンパスに研究室を確保し、仕事を続けていた。昨年8月に記者の取材に応じたときには好物のチーズケーキは「週に2、3回は食べるね」と元気そうな様子だった。

 ただ、数カ月前に自宅の部屋で背中から転倒。清掃員に発見されるまでの2日間、身動きが取れないままで、病院に搬送される出来事があったという。安楽死の決断についてABCに対し、「理解してほしい。もう、104歳でいずれにしてもあまり長い時間は残されていない。健康状態がさらに悪化すれば、もっと不幸せになるだろう」と語った。

 スイスへの渡航や安楽死幇助(ほうじょ)のケアにかかる費用として1万5千豪ドル(約120万円)の寄付をインターネットで募っていたが、これまでに320人から1万9千豪ドル近くが集まった。

 グドールさんは、英国出身で第2次大戦後に豪州へ移住。豪州の代表的な政府研究機関である連邦科学産業研究機構(CSIRO)の上級科学者を長く務めた。論文・著作は130を数える。(小暮哲夫)