[PR]

 参道に連なる「千本鳥居」がここにも――。津軽半島中部の沿岸部に位置する高山稲荷神社(青森県つがる市)が、写真映えすると人気を集めている。

 神社によると、鳥居は高さ約2メートル、計202基ある。2016年の北海道新幹線の開業にあわせたJRのキャンペーンで取り上げられ参拝客が急増。台湾、中国などアジアからの観光客も訪れるという。

 権禰宜(ごんねぎ)の松橋浄嗣さん(59)は「春は桜、これからは新緑。冬は真っ白な雪と、四季に映える朱色の鳥居が魅力です」と話している。(福留庸友)