[PR]

 古代国家が管理する官道の一つ、「山陰道」とみられる道路遺構が出土するなど、飛鳥~平安時代に交通や情報の拠点だった可能性が指摘されている鳥取市の青谷横木(あおやよこぎ)遺跡で、「はそう」と呼ばれる木製のつぼ(7世紀末~8世紀初め)が出土していたことが分かった。はそうは、古墳時代に朝鮮半島からの渡来人が技術を伝えたとされる陶質土器「須恵器(すえき)」で作られるケースが多い。調査した鳥取県埋蔵文化財センターによれば、木製のはそうの発見は全国的にも珍しいという。

 はそうは2015年度の調査で、山陰道とみられる道路遺構からほぼ完全な状態で出土した。上部の注ぎ口の直径は約9センチ。底部の直径が約10センチ、高さは約12センチ。丸くふくらんだ胴部に直径2センチほどの穴が3カ所開けられ、2カ所には栓がされていた。

 ヤマグワ製だが、底板だけにスギ材の円盤がはめ込まれた構造だ。表面全体に黒漆が塗られた。はそうは実用と祭祀(さいし)用のいずれにも使われたとみられるが、今回のものが、どちらだったかは不明だ。

 青谷横木遺跡をめぐっては、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら