[PR]

 1日の広島―巨人戦(マツダ)の三回裏1死一、三塁で巨人の山口俊が広島の会沢に2打席連続で死球を与えた後、両ベンチから選手が飛び出し、一触即発の事態となった。審判団は報復を防ぐため、その後に同様の投球があった場合、監督や投手を退場にできる「警告試合」を宣告した。